スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ウルトラマン世代

今回のttBの中で、キーワードのひとつが「ジェネレーション」

世代の苦悩、というか、世代が持つ独得の焦燥感。

「世界恐慌とか、戦争とか、ベトナムを経験しなきゃだめなのか!?」
「僕らは、いわゆるしらけ世代なんだ」
「理想主義がどうなるかも知ってしまって」

・・・などなど、ジョンが訴えかけてくる場面が多々ある。


ジョンよりももっと前だが、私の世代もしどころのない世代だ。

いわゆる「ウルトラマン世代」

ある本に書いてあったのだが、
これは、団塊の世代と、後の新人類と呼ばれる世代にはさまれて、
なんの特徴もなく見落とされがちな挟間の世代で、ネーミングのしようがなく、
ウルトラQやウルトラマンをリアルタイムで観ていたというのが唯一の特徴なので、こう呼ばれているそうだ。

まだみんな貧しく、地方と東京などの大都会との落差が大きかった。
映画もテレビ番組も洋服も、東京や大阪に行かないと手に入らないものばかりの時代だった。
ただ、活字だけは全国共通だった。

同じ世代に、三谷さん、東野圭吾さん、原田宗典さんなどがいる。

けっこう自分の好きなモノにこだわり、とことんはまる、
しかし、仲間を募ったり、自分の主張を強く押しだしたり、
みんなに共感してもらおう~、という意識が薄いような気がする。
他人に強く言えないというか、あえて波風はたてないというか、
好きなら一緒にやってもいいし、そうじゃないならひとりでもいい・・・
そんな感じかなあ。。。

ま、世代といっても、全部を一括りにすることはできないし、
個々で違うのだが、なんとなくこんな感じ。

ジョンの世代と違うところは、
そういう自分たちに、焦りとか疑問とか、
「これでいいのか俺達」的なものをあまり感じていないというところだ。

「それなりに」

ウルトラマン世代は、それなり世代とも言える。


・・・以上はあくまでも私感で、同じ世代の人でも、違う感じ方をしているかもしれない(^_^;)
スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。