スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

久々に石田寺

31日の朝、久々に石田寺へ行き、
歳さんのお墓に手を合わせてきた。

別に、耕ちゃんバースデーの31日だからだと日にちを選んで行ったわけではなく、
30日に愛しき友がうちに泊まった際に、
「せっく日野に来たんだからから、ぜひ歳さんのお墓参りをしたい」
ということで行った。



平日の朝の石田寺は、人影もなく静かで落ち着いた感じだった。

もちろん、会津の局長のお墓や、銃弾に倒れた函館に強い思いがあるだろう。
そこに彼の思いが残ったままだろうし、
函館の土になっているから、あそこにいるのかもしれない。

でも、歳さんは、日野に帰って来たかっただろうなあ・・・

鉄に写真を託した時、自分の魂も日野に連れて帰って欲しいと思ってたんだろうなあ・・・


今、歳さんは、いつもは函館にいるのかもしれないが、
たまにふらりと、日野に帰ってきているんじゃないだろうか!?
八坂のお祭りや歳三忌などの特別な日だけではなくて、
なにもない平日に、ふらりと日野に帰ってくるんじゃないだろうか!?


お墓に手を合わせながら、そんなことを考えていた・・・
スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

拙者も31日行きました

足の具合はどうですか? 拙者も31日行きました。初舞台!今までテレビで見る山本さん 歌や華麗(?)なテクニックを見て土方様とのギャップに驚いてたのが今日見て彼の基本にあるのは舞台で今まで見てたのは舞台で培われたごく一部だったんだあ-と今更ながら確認しました後半、彼の涙に衝撃!(思ってもなかったから)同じトコで拙者も(;_;) 最初の登場んトコ、ジョナ耕 目を閉じて見逃し 不覚ッ!

舞台役者

イッチャン殿

お見舞のお言葉、かたじけない!
耕史くんを観ていると痛くないのですが、家に帰った途端に痛みがぶり返します(^_^;)

いろんなフィールドで活躍してほしいのですが、やはり彼は舞台役者なんですよね~
全身全霊を使って、客席にぶつけてくるそのパワーは、誰にも負けないものだと思います!!

続けてコメントさせていただきます。
レクイエム0511さんの日記を読んで私も同感です。歳三さんは、故郷を大切にする人。
きっと日野の石田村に帰りたかったと思っていたでしょうね。

鉄に託した写真を今年オープンした佐藤彦五郎記念館で公開していましたよね。
私は、その実物の写真を見た時にレクイエム0511さんと同じことを考えていたような気がします




悲しく、でも嬉しい気持ち・・
まさしく日野市民の気持ちそのものでしょうね。

今日は、日照園(日野市内にある釣り堀)に行く途中、石田寺へ行き、土方歳三の墓に手を合わせてきました。
「とうかんもりを見に行きたいんですが、どう行けばいいですか?」と観光客に質問されました。案内できましたが、知っていた場所だからよかったものの、日野市民が答えられなかったら笑いものなので答えられて良かったです(苦笑)

>日野人殿

コメントかたじけない!

私も、あの写真の実物を見た時は、衝撃でした!
実際に鉄ちゃんが函館から日野へ、副長の思いと共に運んだ写真そのものですから・・・
いつまでも見ていたかったです。


組!!のラストシーンは、まさに日野へ向かって走り出した鉄ちゃんの後ろ姿でしたよね。
悲しくて、でも嬉しい気持ちでいっぱいでした。



>日野人殿

歳さんのお墓参りされたんですね!
そして、道案内まで(拍手!)
史料館の開く日曜日は、組ファンがたくさん日野を訪れますが、
日野に来た方がネットで「日野で親切にしてもらった」って書いてあるのを読むと、すごく嬉しいです。
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。