スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

超個人的大河メモリー 【3】

「花神」1977年放送。

大河の中でも、ベスト3に入る作品。
なんたって、司馬さんファンにはたまらんぜよー!!
「花神」だけでなく、随所に司馬さんの幕末物の台詞が散りばめらていた。
「お暑いですねえ」と言われて、「夏は暑いのがあたりまえです」と返す村田蔵六。梅乃助さんがはまっていたなあ・・

パシリのような伊藤俊輔(尾藤イサオ)。金にルーズな井上馨(東野英心)。ちょいずるがしこい桂小五郎(米倉斉加年)。やたらうろたえる山形有朋(西田敏行)・・・
明治の偉人たちが、みんな若くてちょっとおバカで、やたら熱くて!
実力派の役者さん達がそんな若者達を実に生き生きと演じてくれた!

おうのさん(秋吉久美子)のけだるさが妙に好きだった。

篠田三郎さんの吉田松陰!こんなにも本物っぽい松陰先生を後にも先にも、観たことがない!小さな身体に秘めたインテリパワー爆発!って感じが、実に素晴らしかった!

我らが副長(長塚京三)は、ちょっとしか出番はなかったが、兼定を買う場面で「燃えよ剣」の台詞が使われていた。
そして、「文久3年、とんでもない連中が上洛しようとしていた」(うろ覚え)というナレーションがかぶされていた(笑)

何よりも嬉しかったのは、長岡藩のことをきちんと描いてくれていたことだった!
河井継乃助を桃太郎侍が演じてくれた!!
二枚目だったーーー!
「刀を抜いてはならんでや」って、きまっていたーーー!



「黄金の日々」1978年放送。
なんたって、五右衛門(根津甚八)と善住坊(川谷拓三)!!
あと、高橋信長、再登場!!



「草燃える」1979年放送。
志麻ねえさんの北条政子、すご過ぎ!!ど迫力!!



「獅子の時代」1980年放送。
ヨーロッパの町並を、武士が駈けていたー!


「おんな太閤記」1981年放送。


「峠の群像」1982年放送。
伊丹十三のいかにもな吉良さまがツボだった。


「徳川家康」1983年放送。

この後しばらく観なかった(^_^;)


「独眼流政宗」1987年放送
謙さんーラブーーー!!
で、勝新の秀吉は迫力ありすぎだった(笑)


「武田信玄」1988年放送
三条(紺野みさ子)一派がツボだった。

「春日の局」はほぼ観なかった(^_^;)


「翔ぶが如く」1990年放送
鹿賀さんの大久保がけっこう好きだった。


「太平記」は、ほぼ観なかった(^_^;)


「信長」1992年放送
耕史くんの初大河・・・ずたぼろで顔もよく見えなかったが・・・


「琉球の風」「炎立つ」は観なかった。



続く
スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。