スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

池田屋事件

1864年 6日5日 池田屋事件

これは旧暦なんで、まさに祇園囃子の聞こえる中、蒸し暑い京都の夏に起きたので、今ではないわけだが・・・

でも、一応、今日が池田屋事件の日だ。

私が京都に住んでいた頃は、池田屋跡はケンタッキーのビルだった。

カーネルおじさんの脇に、ひっそりと石碑があった。
よく飲みに行く店が近くにあったので、酔っ払ってヨロヨロしながら、カーネルの前を通った。

「カーネル、このヤロー、でへへへ」などと酔いにまかせてカーネルおじさんの頭をどついたり、顔をなでたり・・・(^_^;)
たまに、フッと「池田屋騒動跡」という石碑が目に入って、一瞬ハッと我に返った気分になったりもした。
「池田屋ーーーご用あらためであーる!」などと叫んだこともあったような気がする。

ホント、京都で何やってたんだか・・・
ほぼ、飲み歩いていた記憶しかない・・・(^_^;)

祇園祭りは、宵山も宵々山も、京都独得の蒸し暑さの中で、人混みで通りもぎっしり。まともにスタスタとは歩けない夜だった。
とにかく、暑い。湿気の多い暑さで、かなりしんどい。
宵山にデートするとそのカップルは別れる。。。なんてありきたりのジンクスもあり、でも、浴衣姿のカップルだらけ・・・

池田屋に局長たちが踏みこんだときも、かなり暑かったんだろうなあ・・・
蒸し暑さの上、あの火事装束だから、暑さも半端じゃなかったろう。


組!での、池田屋は、もちろん全編好きだが、副長&斉籐の宵々々談議のシーンになぜかはまった。
何回リピしたことか・・・
あのツーショットはおいしい!!

で、斉籐の「イカはは胃にもたれる」の台詞に妙に納得!
なるほど、斉籐は胃が弱かったんだよなー、最後は胃かいようで亡くなったらしいから・・・などとオンエアを観ながらうなずいていた記憶がある。

今日は、組!の「そして池田屋へ」を観よう!!
観よう、観よう!!そうしよう!!
スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

はじめまして

はじめまして。
今日、たまたま池田屋の回のDVDを見ました。
今日が池田屋の日だということを気づかせていただいたレクイエムさんに感謝いたします。後の回も続けてまた見たいと思います。

初めまして

ayaさま、初めまして(^o^)丿
コメントありがとうございます。

物覚えは悪いのですが、たまたま組関連本を読んでいて気づきました。本当は1か月近く後ですが・・・
池田屋2編は、昨日私も観ました。
「愛しき愛しきおまさ殿」「へー助はへー助だ」「私が見つけました」・・・いい台詞がいっぱい!
特に、局長の「全部もらうと歳が拗ねるから」って台詞が大好きです~♪♪
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。