スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

コージーを捜せ!


こちらが更新!


この1枚目のバスの写真で、耕ちゃんはどこー!?


目を凝らして見てみたが、ううーむ・・・


右端の列の、前から4番目がそうか!?


ゲイリーは、いちばん後ろの白Tか!?


左端の茶髪グラサン女性が、里菜ちゃんか!?





ううーむ、正解かどうかよくわからんが・・・


とにかくバスで移動中も、みんな仲良しで楽しそうだ(^o^)





2枚目の写真の、音合わせ中のジョンが、マジかっこいい!!!


かっこ良すぎて、よだれもんだーーーーーー!!


あーーーーー、かっこいい!!

どうする、やばいよ、かっこいいよーーー

「かっこいい」という言葉しか思い浮かばない我が身が、情けないが・・・

とにかく、もう、メロメロにかっこいいーーーーーー!!!!!



スポンサーサイト
 

あ~あ(涙)

あ~~~~~~


北の空へ飛んでいきたいなあ・・・


海を渡って、北へ行きたいなあ・・・


じっと、空を見上げる(涙)


ああ・・・函館へ行きたかった
 

三上ドラマ

ネットで、三上さんのヘドを観た方々の感想など読むと、
「迫力・客いじり・狂気」などの言葉の中に混じって、「可愛い」というのがあった。
そうそう、やはりヘドちゃんは、可愛くてけなげな感じがないと・・・


三上さんで可愛いといえば、あるドラマを思い出した。

もう、15年前くらいか!?
「あなただけ見えない」
というドラマ。
オカルト・ホラーサスペンスで、おどろおどろしく、殺人がいっぱいで、
首を切り落とされたり、めった刺しにされたり、けっこうグロかった。
最初は推理ドラマっぽいが、最後は怨霊話になった気がする。

ヒロインはキョンキョンだったか?

で、三上さんは人格が分裂している役で、誠実な青年と悪徳弁護士の二重人格なのだが、
途中からもうひとつの人格が出てくるのだった。

これが、確か「あけみ」という名の女だった。

誠実な青年が突然「ぼ、ぼ、ぼくは、ああ~頭が、あたまが痛い、う、う、う」
と苦しみだしてうずくまり、ハッと目をあけると
「あたしよ、あけみ。うふふふ、やっと出てきたわ」
とか言うのだった。
その時の、しぐさや表情が女っぽくてちょっと可愛かった。
見た目は青年のままなのに、なんの違和感もなかった。
可愛かったが、このあけみは、とんでもない悪女だった。


こんなマニアックなドラマを、今も覚えている人はいるだろうか?
 

ひそかに、はっぴいばーすでい、つう、みい

大阪のみなさん、近畿山陰地方のみなさん、遠くから大阪へ行かれたみなさん

今頃大盛り上がりでしょうか!?

そして、昼には、「耕史くんお誕生日おめでとう」で、さぞや素晴らしいひとときを過ごされたんでしょうなー

いや、めでたい!!
あらためて、耕史くん、30才おめでとうございます!!


で、どうでもいいことなんすが、
決してめでたくも何ともないんすが、
今日は、あっしの47回目の誕生日。
よう、47年も生きてたもんだ。

20才の誕生日は、京都で学生生活。
ひたすら飲んだくれ、ひたすら追っかけの日々。

30才の誕生日は、産むまであった病的つわりで、血まで吐いていた地獄の苦しみからやっと開放されたのに、
夜泣きがひどくて一睡もできない日々。
「こいつ母親にうらみでもあんのか」
と、生まれ立ての赤ん坊にに向かって暴言吐きまくりの日々だった(爆)

40才の誕生日は、全然記憶にないが、エアロビにスイミング、ヨガ、と自己投資の毎日。
そして、娘のお受験に奔走する日々。


今日は誕生日とは言え、何もなく、普通に家事をこなし、クリスマスの飾り付けに半日費やし、
こうしてパソコンに向かっている。

turii[1]


性懲りもなくまた追っかけ魂復活し、あれこれと一喜一憂し、
チケット取りで右往左往し、家族に怒られ、妹に諭され、
お金も尽きて、身体もガタガタ・・・

20才の頃自分の欠点を反省し、
「目先の快楽にばかり走らず、ちゃんとしたプランを立てていこう」
と肝に命じたのだが、
結局今も目先の快楽に走っている(^_^;)
頭の大部分を占めるのは、ttB横浜オーラスと2月3月のヘド公演!

あはははh~~~~~
バカは死ぬまでなおらねえーーー
いくつになっても、バカぶりは変わらず・・・


でも、なんちゅうか、バカなりに悪くない人生。
愛しき友たちができて、何よりの幸せを感じる今日この頃。
「そこまで言っていいのかー」というやば過ぎる話や、
「ホントにファンかー」というほどの劇辛話やらブラックなつっこみや、エロエロ話やムラムラ話やら(笑)
気兼がねなくしゃべれる仲間たち!
お金では買えない、すんばらしい宝だと思う。

そして、こんなバカ日記でも、読んで下さる方々がいて、ホントに嬉しい!!


これからも、バカ全開で、失敗だらけの人生だろうが、
人生を楽しんで行きたい!!
 

おどろいたああーーー

追加公演キターーーーーー





4月7,8日


東京厚生年金会館




どうするーーー


もう、銭が無い!!


入学式と重なりそうで、ビビッてます
 

魅惑のゲイリーボイス

風邪をひいた~~~(T_T)
バカでもひいた~~~(T_T)
頭痛とのどの痛みと熱と・・・

く、苦しい~~~(T_T)
熱っぽいときの犬の散歩や家事は、つらいのう(泣)


こんなしんどい時でも、元気でガンガンな時でも、
いつでも癒してくれる、ゲイリーの歌声~♪

最初にゲイリーのCDを買って曲名を見たとき、
Amazing GraceやTears In Hevenに混じって、ワムのCareless Whisperがあって、
「今どき、ワムのケアレスーーー!?」
と、ちょっとありゃりゃだったのだが、
聴いてみたら、なんとこれが1番良かったのだ!!

ゲイリーの歌い方は、繊細で優しくて切なくて、
聴いていて、ホントに癒された!!
優しさに包みこまれるような感じだ。


そして、CDジャケの裏側のメッセージで、このCDをリリースできたことに対しての感謝の気持ちを、たくさんの人へ送っている。 
神に感謝し、両親に感謝し、、、、、、
ずっと読んでいったら、
The cast,staff,and all members of “Tick,Tick Boom”とあり
Koji Yamamotoとあって、なんだがすっごくうれしかった!!

ゲイリー扮するマイケルのジョンへの眼差しはとても優しくて、
本当に本物の真心を感じた。
彼の歌声にも、それは出ているのだった。

こんどは、全曲オリジナルのCDを出して欲しいなあ・・・
 

アマデウスブログでプレゼント~♪

今、アマデウスをたまたまチェックしたらこんな募集が載っていた!!


この写真、欲しいなーーー


くじ運の悪さは誰にも負けないから、絶対当たりっっこないが、


ダメダメもとで、応募してみようっと!!
 

ttBはいずこ~

と思ってチェックしたら、今日は福岡公演だった!!

そうかそうか、福岡かあーーー

福岡のみなさん、福岡に近い地方のみなさん、はるばる福岡に行かれたみなさん、
楽しんでますか~~~(^o^)丿

今はもう、舞台の終盤にさしかかった場面だろうか!?
あのトリオの、すんばらすいーハーモニーに、酔いしれている最中かな!?
客席で鼻血出している方、いませんか!?(笑)


これからの公演日程をチェックしたら、
例の大阪は28日どすねんなあ・・・
28日いううたら、うちの47回目のバースディーどす。
(なぜか京都弁(^_^;))

だからなんなのって話だが、ちょっとビックリした。
 

丸投げ~一杯のみてえー

今回のお題は「おでん」


近ごろはコンビニも、うまいおでんを出しているよなあ・・・


買ってきたいが、家族分となると何千円もかかるから、結局自分で作るしかない!!


あ~、食べたい、コンビニのおでん!


♪なぜーーー自分で作らないーーー♪


・・・って、横道にそれたが、とにかく美味しそうだった。





屋台のオヤジに扮したぐっさんが、

うまそうにコップ酒を飲んでいる(ふりだけなのだが)様子を観て、


もうたまらんかった!


ほんとにうまそうに飲んでいるよー


ああいう、こそっと飲む立ち飲み酒が、うまいんだよ!!!


私も、煮込み料理をしながら、こそっと冷や酒を飲んだりするけど、うめえーーーーー、


安酒でも、うめーーーーのなんの!!





・・・丸投げの内容の感想が、ないようーーー(笑)


また、Aマイナーな曲で、はもりが素敵だった!


って、感想はこれだけかー(笑)








曲作りを始めますか!?と、


はんぺんの切れ端をカプっと一気に口に入れた耕ちゃんを観て


「あちー、ふがふご」


を期待したが、なかった(笑)


おでんが出てきてから、時間が経過していて、少し冷めていたのかー!?


残念だったー(え)





来週は、またまた「恋愛交差点」のトークゲスト!


「恋愛のスペシャリスト山本」って紹介されているが、スペシャリストかーーー!!???





ここで、佐野さまから嬉しい告知が!!


「佐野元春特別企画、来週発表!!」


ぐっさんと山本さんに喜んでもらえる企画とのこと・・・





ついに、佐野ロックとコラボか!?


佐野さまが、ナイスガイズに曲を提供すんのか!?


楽しみだあああーーーーーー
 

RENT観劇

なるほど、やはり、映画より舞台の方がずっと良かった!

Season Of Loveは名曲なんだと、今頃やっとわかった次第。(おっせーよ)
2部の幕開きで、みな勢ぞろいで歌い出すと、ジーンとしたもんなあ・・・

セットがttBに劇似。
バンドがひとりずつ出てくる、客席が明るいウチにマーク登場、電話シーンを多用、故郷の両親、階段の手すりで歌い上げる、
・・・などなど。

観ながらも、ttBのジョンが必死に机に向かって曲を作るシーンが目の前にチラチラ現れた。
振りはらっても、ジョンが浮かんでは消え、消えては浮かんだ。
ttBを先に何回も観ているせいもあろうが、
今目の前で繰りひろげられているRENTは、ttBのジョンの頭の中に展開していたものが現れたもの、という気がしてならなかった。


観る側もパワーがいる舞台だと思った。

RENTは素晴らしい作品だとは思うが、いまいちはまれないのは、
ロジャーとミミーのカップルを素直な気持ちで受けいれられないせいだ。
つい、冷ややかな目で見てしまう・・・
こういう、けなげで一途なカップルを冷めた目で見てしまうのは、
わたしゃ、よほどひねくれもんなんだろうなあ・・・(^_^;)


★ジョナサンの曲には、ロックというよりジャズっぽさを感じることが多い。

★タンゴの場面は、楽しかった。

★モーリーンライブで「ムー」と叫んでしまった!
ここは、本当にすんばらしい~~~
ただただ残念だったのは、衣装がかわいい系でチアガール仕様だったことだ!
黒の編みタイツ系がよかったのにーーー
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。