スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ちょっと、何だか、『燃えよ剣』

初めて読んだのが中3の夏。

もう、好きで好きで好きで、枕元に置いて毎日読んでいた!
ぼろぼろになって、また買い直した。

高校に入ってからも読み続け、自然に暗記していた!
好きな場面は、見なくてもすらすら言えた。


もちろん、かっこいい副長が好きだったわけだが、今考えると、十代の身には、けっこうドキドキものの作品だったよなあ・・・(~_~;)

「女は身分だ」から始まって、
おひいさまって呼ばれてるだけで、いただいちゃって(汗)、でも、野良仕事をしていたからって勝手にがっかりしちゃって・・・(笑)

夜這いに行ったちゃったり、人を斬って血の臭いで興奮しちゃったり、
あんなところで、こんなことして、そんなこともやって・・・

京都でも、また、こんなんであんなんで、
でも、お雪さんと二人だと、何だか純情青年みたいになっちゃって・・・

京都を離れる前に、二人だけの別世界で、その、なんだ、あららら・・・って感じで・・・

で、箱舘で再会して、宙を描いてどうしましょ!?・・・で、「お雪、どうもかわいそうだな」ってどんなんやー・・・だったり・・・(~_~;)


不謹慎な事ばっかりで、すんませんm(__)m
全国の『燃えよ剣』ファンのみなさま、ごめんなさいm(__)m

もちろん、男の生き様を描いた素晴らしい作品で、世界一かっこいい男なのだが、誠友だちと今日電話で話していて、ふと『燃えよ剣』話になったとき、ちょっとエロ話で盛り上がってしまった(~_~;)

司馬先生、すみません・・・

でも、好きです、ちょっとエロくてあまのじゃくで色男で・・・
そして最後のサムライとして男の散り際を見事に見せてくれた『燃えよ剣』の副長が!!
スポンサーサイト
 

ぼそぼそと小ネタ・・・・

★駅ビルのチケットぴあをのぞいた。

前売り情報の壁に、“K.Dearthライブ”の告知が貼ってあり、その隣に“完全メイド宣言ライブステージ”の告知が貼ってあった。

K.Dearth と 完全メイド宣言

これがふたつ並んでいて、ひとりで笑った!!

ライブって歌ったり踊ったりすんのか!?丸投げソングも歌うのか!?

せっかくナイスガイズが作ったんだから、歌ってくれ!!
コージーが言ったじゃないか、「テーマソングにしてください」と・・・
でも、あの歌を女の子が歌うのは、酷か(笑)

★当然のように小森さまコンサートに行けるもんだとふんでいたが、ちょっとあやしくなってきた(T_T)
行けないかもしれない・・・(・_・)

何だか、テンションがドーンと下がった昼下がり・・・
犬でもいじめようか、昼間から酒くらってへべれけになろうか、カードで思いっきり服でも買い漁るか・・・

結局小心者ゆえ、どれもできずに床で昼寝をしたら悪夢を見た(・o・)


★ふと思いたって『燃えよ剣』を久々に開いてみた。
初めて読んだのが中3の夏・・・

それから100回以上は読んでいる・・・

あれから30年以上は生きている・・・

これから何十年経っても、いつ開いても心が燃える作品、それが『燃えよ剣』だ・・・しみじみ・
 

丸投げ♪芝公園ロケ

うらやましいなあー、丸投げをナマで観ていた面々・・・


おばちゃんの団体ばかりと思いきや、修学旅行の女子高生やらバスガイドさんやら、制服姿のOLさんやら家族連れやら・・・


ナイスガイズに見送られて、去っていくバスの乗客も、ええなあ・・・


って、ことで初ロケ敢行の丸投げ 。前回の萌え萌えフラッシュがあまりのインパクトだったせいか、今回はサラリと終わった。爆笑はなく、ほのぼのだった。





が、今回のポイントはなんたってこれだろう!!40分経過


すごいな、40分!今までで最長記録!


40分、風にあおられながら、観光客に見守られながら、曲を作ったナイスガイズ!


40分かけただけあって、いい曲ができました!!完成度が高いです!


スタジオと違って、日光と風と空間の広がりがイイカンジで、開放的で健全な雰囲気・・・


とても、深夜番組とは思えない(笑)





日の光を浴びて微妙に陰影がついた耕史くんの顔は、スタジオ収録時よりも男らしさがアップしていて、おいしかった(^○^)  うふふふ~~~♪♪ン♪





★♪昭和39年僕らが生まれる前から~♪って・・


なんだよ、なんだよー(・o・) もう、生まれていたけど、悪いかよーーーーー
とほほほほ・・・

★あれだけ風が吹いていたのに、髪が乱れないコージー

★あのつなぎ姿に黒い靴はどうだろうか!?

★あのシチュエーションだったら、もう1曲「東京タワー」を歌って欲しかった。


★♪主役じゃなくてもいい~~~♪って歌詞で、やっぱり組!を連想してしまう、組!ファンのサガ(笑)






*佐野ロックにまたも懲りずに応募してみた!
犬の散歩中に思いついたネタ4つ・・・やっぱ、ボツだろうな(~_~;)
 

たかが1万円、されど1万円・・・

マチベンDVDBOXが9/20に発売だそうな!!

『映像特典:5分PR/マチベン通になるえびす堂探検/マチベン・ミニドキュメンタリー(未放送シーン+インタビュー)』

うーん、特典映像に惹かれるーーー!
うーん、観たい、未放送シーン!

定価は1万5千円にちょっと欠けるくらいで、割引価格なら1万円ちょいで買える!

1万円・・・
何でもないような、ちょっと何とかできそうな額ではある・・・
しかし、迷うな・・・
欲しいことは欲しいが、やはり貧乏主婦にとっては1万円は大きい(・o・)

8月に観たい舞台があって、そのチケットも1万円・・・

青りんごちゃんの特典映像も観たいが、8月の舞台も観たい!!
どっちも買えればいいのだが、やはり大きい1万円・・・

あー、ビンボーはいやだーーー(T_T)

あー、迷うよーーー(T_T)

あー、あー、あー(T_T)(T_T)(T_T)
 

続・いわゆるファンレター

いわファンの続きです、って、何でも略すなー!!

皆さんのコメントで励まされ(は?)、思いきってファンレターを書こうと思う。

基本は、
『耕史くん、暑さに負けず、撮影頑張ってください。
心から応援しています!』

ここに、いろいろ肉づけしていけばいいわけだ!

まずは、『耕史くん』

「大好きな耕史くん」
「すてきな耕史さん」
「愛しの耕史さま」
「耕史あなたは美しい」
「罪作りなお方です、耕史さま」
「よっ、この色男め、耕史のだんな」
「耕史、、、この名を口にしただけで、私の心は嵐に漂う一隻の小船のように」
・・・だめだな、こりゃ(~_~;)


やっぱこれかなー

ババンババンバンバン、ハービバノンノン

「酒飲みすぎんなよ!夜更かしすんなよ!無駄づかいすんなよ!夏バテすんなよ!ライブまだかよ!俳句選べよ!撮影ガンバレよ!応援してっからなー!また来週ーーー」

ああ、だめだ!
耕ちゃんは全員集合世代じゃなかったんだった・・・(笑)
 

へー助、大丈夫かー!?

朝刊を読んでいたら、へー助負傷の記事が!!

 「中村勘三郎襲名披露の公演に出演予定だった中村勘太郎が右膝後十字靱帯(じんたい)損傷、外側半月板損傷のため休演で代役は弟の中村七之助」

大事なお父上の襲名披露公演を休演とは、へーちゃんが心配だ!!

早く治りますようにと、高幡不動へお参りして来よう!!


どうも、組!メンバーはその役名でしか考えられない!
そして、組!メンバーが活躍している様子を聞くと嬉しくなるし、何かあれば心配になる・・・

親戚のおばちゃんのような、近所のおせっかいおばさんのような心境になってしまう・・・(~_~;)

デスノが大ヒットと聞けば、「総ちゃん良かったねー!捨助も出てるしー!」と思い、

何かの番組で今一番注目の俳優に選ばれたのがオダギリジョーだと聞けば、「すごいじゃないか、斉籐ー!!忙しいけどちゃんと食事するんだよー、身体こわすなよー」
などと思い、

太郎くんや谷原さんがドラマに出ているのを観れば「さの助もかっしーも活躍してるな!!」と嬉しくなり、

ナビのエッセイを読めば「山南さんったら、またむずかしいこと書いちゃってるよ」と微笑ましく思い・・・

コバさんや吉弥さんの日記を読んでは「源さん、まだネットが使いこなせないんだ、源さんらしいなあ」「山崎ー!!ドイツへ行っても探索してレポあげているんだねー!!」とほのぼのしてしまう・・・

局長は、慎吾くんだったり、かっちゃんだったり・・・
永倉はぐっさん度が高いから、ぐっさんだけど・・・

いつまでも組!の役名が離れない・・・

で、我らが副長は、耕史くんだったり、耕ちゃんだったり、三十路前男だったり(笑)、ナレーション界の貴公子だったり(笑)副長だったり、歳だったり、山本土方だったり・・・

でも不思議なことに、「土方さん」と呼ぶのは、私の中では本物の土方さんオンリーなんだよなあ・・・
なぜか、そうなんだよなあ・・・
 

知らぬ間に100回だった毎モ・・

ウオー!!
今日気がついた!!
毎日モーツアルトが、100回を超えているではないかー

23日(金)に100回だったんだ!

今日観たら101回となっていて、やっと気づいた100超え!
100回かあ・・・
100回、ここまでパーフェクトに録画し続けてきたなんて、飽きっぽくて粗忽者の自分にしては偉業を達成した気持ちだ。

そもそも、ここまでちゃんと続けてこられたのは、友のおかげだ!
BSが観られない友の分まで録画しているからなのだ。
そんなに強く頼まれてもいないのに、こっちが勝手に二人分を録画し続けているのだ。
自分ひとり分だったら、きっと早々にくじけていたと思う。
自分以外にも、これを楽しみにしている友がいると思えばこそ、毎日録画して、ダビングして、を繰りかえせるんだと思う!

おー、100回!!
よくやった、100回!!
偉いぞ、100回!


・・・が、しかし、よくよく考えれば、まだあと5か月あるわけだー(~_~;)
5か月かー
あと100回近くあるわけかー!!

あーっ、気が、気が、気が遠くなる・・・


最終回は、案内人自らが画面にご登場するに違いないと信じて、ゴールまで頑張ろう!!
 

いわゆるファンレター

マグさんのトップに耕史くんの近況が出ていた。
毎日映画の撮影でたいへんらしい。
そして「皆様からの応援メール、お手紙、声を励みに、暑い日も頑張っています!」とあった。

応援メール・お手紙・・・つまりはファンレターか・・・

うーむ・・・
書いてみたいなあ・・・
書いて、耕史君を応援したいなあ・・・

でも、何をどう書いたらいいのやら・・・

いくら自称永遠の25歳だからといって、
「好きです。愛しています。応援しています」
じゃあ、ストレート過ぎて書けないし・・・

かといって
「あれでこうなってそうなってファンになりました」
「あれも観てこれも行って、それも並んであれも徹夜して・・」
「あの役が好きで、その衣装が好きで、この台詞が好きで・・」
などと自分のことを報告するのもうざいだけだし・・・

で、
「酒飲み過ぎんなよ!夜更かしすんなよ!もっと本読めよ!宿題やったか!?(笑)」
みたいじゃ、全員集合のカトちゃんみたいだし・・・

「心からご尊敬申し上げ、お慕い申し上げております」
では、皇室の方々の記者会見になっちゃうし・・・


20数年まえにおっかけをやっていた頃は、本当に素直になんの照れもなくファンレターを書いていたなあ・・・
毎日でも、いくらでも、気持ちのまま書いていたんだよな・・・


今は、何だかいろんなことを考え過ぎて書けないなー。
一生懸命応援している気持ちを素直に書けばいいんだろうけど・・・

毎日ここで、好き勝手に書いているのに、うざく熱く耕史愛を書きつらねているのに(笑)、いざファンレターを書こうとすると、まったく浮かばないもんだなあ・・・


『耕史くん、暑さに負けず、撮影頑張ってください。
心から応援しています!』


小学生レベルだが、これが精一杯
で、ここに書いているだけじゃ無意味なんだが、ここ止まりなのであった(笑)
 

ナビ・・・君は美し過ぎる(笑)

トークの内容より何より、
何なんだ、この写真は!?こんなきれいな男はありかー!!?
すべ肌過ぎる!
瞳がつぶら過ぎる!
女優度が高過ぎる!

最後のページのツーショットは、靴が黒くなかったら来日した欧州の女優さんかと思うよ、これは・・・(笑)

オー、ビューテホー!!

桜井さんのこときれい、きれい、って絶讃しているけど(もち本当にきれいな女優さんだと思うが)、自分のきれいさは、どーよ!?



で、またまたまたまた、聞かれもしないのに出る「香取くんが」話!

“本当の眠りに落ちている”局長の“耳元”で「本番!」って言うって!
本当の眠りって、局長の耳元でって!
耳元でって!
・・・なんか、ちょっとドキドキしてしまった(笑)

しかし、昼ドラのスケジュールって、半端じゃないんだ!
毎日30分のドラマって、凄いんだろうなあ・・・
覚える台詞の量もすごそうだし、ほぼ5日間はびっちり拘束されているなんて・・・

★うめちゃんは、耕史って呼んでいたのかー

★40人の幹事で場所捜しも大変なのに、値段も値切る副長!!

★幹事をすることが「僕の使命」なんだ。

★ラブシーンで頑張っている耕史くんが観たい!!
 ディープさを追求した耕史くんの芝居が観たい!

★今撮影中の映画は、茶髪な役なのか!?

なんだか、また、ショムニの耕史くんが観たくなった!
日本一誠実な顔の元卓球選手だったよなあ・・・
うめちゃんがコーヒーを「熱い!」って言ったときの「え!?熱い?」っていう心配そうな耕史くんが、好きだったな・・・
 

ステラでうふふ・・・

さすがNHKの看板息子、NHK御用達・・・などとちまたで言われているかどうか定かではないが、ステラの新連載第1回ゲストは、「山本耕史」


まず、この頭のてっぺんからつま先(?)まで、オールこげ茶でコーディネイトしたお写真。


コーディネイトし過ぎだろう的な感想もあるが、
素敵なんだよねー♪ 眼がいいんだよねー♪


「ニコっ」でもなく、「にまっ」でもなく、文字にするなら「ふ」という微笑み。


微笑みの貴公子は山南さんだが、微笑みの魔術師は耕史くんだ!
「ふ」で、心を惑わされるーーー♪♪♪


たとえこの撮影の時、心の中で、独り焼肉のオーダーメニューを考えていたとしても、欲しいドラムセットの支払い算段を考えていたとしても、この微笑みは美しいーーー(笑)





「朝の一杯のコーヒーのように、この番組でどうかくつろいだひとときを」


この台詞を耕史君の声で脳内再生してみた。


あー、幸せなひとときだー(^.^) あー、こんな私は、“永遠の25歳でーす”(笑)
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。